大工さんと楽しく話をするのも
仕事です。

岩崎 央斗 Hiroto Iwazaki

入社5ヶ月 19歳
配送部

岩崎 央斗 インタビュー

どんなお仕事をしていますか?
家を作るための材料、建材を運ぶ仕事です。
荷物を積み込み、現場まで運び、積みおろしまでやっています。
入社する前、何のお仕事をしていましたか?
定時制高校に通っていてでアルバイトなどをしていました。
バスケとバドミントンをやっていました。
カネトを志望した動機を教えてください。
祖父が大工さんで、家を作るところを見に行ったりしていて、大工さんの為に材木を持ってきて、大工さんの手助けをしたくて運搬をやろうと思いました。
カネトは大工さんの祖父がもともと付き合いがあり、運搬をしたいと言ったらカネトのことを教えてくれました。
一度体験しに来たとき、大工さんは暗い、怖いイメージがありましたが、意外とコミュニケーションをとってくれて笑顔で仕事をしていたので、自分もやっていけると思いました。
入社して感じたことを教えてください。
大工さんは荷物が届かないと仕事が出来ないし、商品を覚えたり、荷物を運ぶ場所を間違えないようにしないといけないので大変ですが、慣れてくるとスラスラと出来るようになってきたときに自分が成長していることを感じます。また、滞りなく仕事がこなせたときに達成感を感じます。
商品を間違えたり破損したりしないように、周りをよく見て、商品と伝票をしっかり確認するようにしています。
職場は年上の人ばかりですが、明るい人が多く、休憩中など楽しく話をしてコミュニケーションをとっています。
大工さんと話していると大工さんの困りごとなどもわかるので、配送は一番現場の人と関われる仕事だと思います。
これからカネトでやってみたいことは何ですか?
これからは何でも任せられるような、頼りになるような人になるのが目標です。

岩崎 央斗 インタビュー

MESSAGE

岩崎 央斗

仕事中は仕事に集中、遊ぶときは一生懸命遊ぶ、そんなメリハリがあります。何もわからなかったときは、先輩に丁寧に教えてもらいました。現場で感謝されるとすごくうれしい気持ちになります。明るい職場で、ぜひ一緒に働きましょう!